ある日の たろう の 「日常」と「非日常」


by taro-hitorigoto-2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
おでかけ
鉄道

京都散歩
その他
日記
大丹波観光サポーター
香美町観光大使
ランチパスポート
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 03月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

最新の記事

JR西日本 吹田総合車両所へ..
at 2017-10-29 18:08
【京都駅から北大路駅まで散歩】
at 2017-03-12 23:26
【久し振りにログインしてみる..
at 2016-05-29 19:55
【ようやく新しいカメラデビュー】
at 2016-01-31 21:49
【名古屋でキャベツタワー】
at 2015-12-30 20:17

最新のトラックバック

ディズニードリームアート..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニードリームアート..
from 最新お得情報
OSAKA光のルネサンス..
from ◆Akira's Candi..
鉄撮り...  二本立て!!
from ◆Akira's Candi..

フォロー中のブログ

◆Akira's Can...
旅するように暮らす

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

【福井県の鉄道を乗り潰し】

またかなり久し振りの更新になってしまいました。ゴメンなちゃい!今回は昨日の鉄旅日記です。

前日に急遽、明日は福井鉄道とえちぜん鉄道に乗りに行こうと決めました。他にも候補として、少し前に話題になった城崎温泉へ、もちろん私はプライベートで! のんびり温泉街を散策して、外湯巡りも良いかなと。他にも何カ所か近場でのんびり温泉&観光の計画を立てていました。

でも激しい雨が降る予報を見て、今回は福井なら未乗路線を乗りっぱなして、観光なしでも満足度が高いと判断したのです。
元を取ろうという貧乏性のせいもあるけど、どうせなら遠くへ行きたい。そんな18キッパーの私は、今まで福井県内の私鉄を乗らずに放置してきたのです。
d0249867_1985181.jpg

JR北陸本線 武生駅で降りて、徒歩5分位だろうか、駅横の『アル・プラザ 武生』と駐車場を通り抜ければ、福井鉄道の越前武生駅に辿り着きます。接続良く、切符を購入して改札を入るとすぐの発車でした。
私が乗った電車は上の写真。目・鼻・口と見事に揃っているので顔にしか見えない。しかも口がバンパーに見えるから、バスに見えなくもない。そんなおもしろ顔の電車でした。
d0249867_1985256.jpg

ちなみに留置してある電車も撮りました。皆違う顔をしてました。走っていてすれ違う電車は、私が乗った電車と同じ顔ばかりでした。1電車を除いては!
d0249867_1985373.jpg

唯一異なる顔してた電車が、見たかった、乗りたかった、撮りたかったこの電車。200型の古い車両。もう1本遅い電車にすれば、越前武生駅で見れたのかな? 引き返すという手もあるけど、あっさり諦めました。
d0249867_1985356.jpg

終点田原町駅で、えちぜん鉄道に乗り換えです。駅がお隣さんなので、傘をささなくてもすぐ移動できます。待合室に入ると、2匹のワンちゃんが出迎えてくれました。同じホーム・線路に三国港行きも福井行きも入ってくるので、乗り間違えないように注意が必要です。三国港行きを見送ってから、福井行きに乗りました。
福井口駅で勝山行きに乗り換える予定だったのに、ぼーっとしてたら福井口駅で降りるのを忘れて、終点福井駅まで行ってしまいました。
d0249867_1985410.jpg

福井駅で30分ほど時間が空きましたが、珈琲時間を持てたので結果オーライとしましょう!
改めて勝山行きに乗車です。間違いなく乗ってしまえば、終点までごとごと揺られるだけです(^^)
福井口駅からアテンダントさんが乗車されてきました。特に何も接することはないのですが、あれこれ仕事振りが気になって、目で追いかけてしまいますネ(^_^;)
d0249867_198558.jpg

終点勝山駅で降ります。1分後に発車する電車があったのですが、すぐ折り返すのも勿体無いし、アテンダントさんが同じだったら、変に思われても困るし...
その次の電車で折り返すことにして、駅前に出ました。

恐竜博物館行きの恐竜バスと、博物館から逃げてきた恐竜が出迎えてくれました。
d0249867_1985536.jpg

やっぱり保存されている車両が気になります。狭いスペースに押しやられているので、残念ながらうまく撮影できませんでした(>_<)
関係ないけど、ここで我慢できずトイレに駆け込みました。おかげで駅車内のカフェでくつろぐ余裕もなくなり、次の電車で折り返しました。
d0249867_1985654.jpg

あれれ、さっきのアテンダントさんが乗車されている(^_^;) 今度は間違うことなく、福井口駅で下車。三国港行きに乗り換えます。
アテンダントさんも福井口駅までなので、当然下車されました。

少し待つと福井駅を出てきた三国港行きが来ましたので、乗り換えました。するとなんと、またしても同じアテンダントさんが乗車されるではないか!

ずっと同じアテンダントさんなのだから、気にせず放っておけば良いものの、なぜか目で追ってしまうんですよ。
これではストーカーのような変なおっさんに思われてるかもしれないです(笑)
d0249867_1985679.jpg

三国港駅に着けば、幸い雨が止んでいたので、少し散策をすることに。今度乗る電車では、違うアテンダントさんになるように。
でもいつまた本降りになるかわからないので、駅から歩いて5分弱の『三国温泉 ゆあぽーと』という日帰り温泉施設に行きました。
d0249867_1985818.jpg

海辺に立っているので、景色がとても綺麗です。欲を言うならば、海側の窓を背に洗い場を配置するのではなく、窓べりに大浴槽があれば浸かりながらこのような景色を見れるのに。写真は1階の寛ぎスペースです。
d0249867_1985836.jpg

風呂上がりには、2階の食事スペースで生ビール??を1杯。そして遅めの昼ごはんに『越前おろしそば』を食します。食事は一般の蕎麦屋さんが入っているわけではないので、スーパーのフードコートのようなもんですが、風呂上がりのビールは美味かったです(^^)

風呂30分、食事30分で駅に戻ります。
d0249867_1985993.jpg

さすがに今度は違うアテンダントさんでした。目で追っかけることもなく、福井駅に着くまで、読書に勤しみました。
急いで福井駅に戻ったのは、欲が出て来て、この機会にJR越美北線にも乗ろうと思ったからです。

地元京都に今日中に戻るには、次の電車に乗らないと無理なので急ぎました。缶ビールを買って持ち込もうか迷いましたが、買わずに乗り込みました。車内が一杯だったので正解でした。
d0249867_19141376.jpg

乗り込んで間も無く、フォロワーさんから『会いませんか?』という有難い連絡を頂きました。
越前大野駅でほとんどの客が下車、私の他には明らかに同業者の客が3人だけになりました。私を含めて4人の客を乗せた単行キハ120は、そのまま終点九頭竜湖駅へ。到着時にはお天気が悪いせいか薄暗くなっていました。
駅の窓口で、フォロワーさんに教えて頂いた『到着証明書』を発行してもらいました(^o^)/
d0249867_19141388.jpg

折り返し福井行きの列車には、先程の3人+αの客を乗せて発車しました。
越前大野駅では、12分の停車時間を利用して、フォロワーさんと再会を果たすことができました(^^)

この日は大雨の影響で運転見合わせや運休もあり、ダイヤが結構乱れた1日でしたが、私に限っては何の影響もなく、定刻通り京都駅に帰り着くことができ、本当に良かったです。

今回は雨の影響で、途中下車なし、好きな駅前散策や観光をカットして、ただ乗り回しただけなので、次はお天気の良い日に、改めて乗りに行って、歩いたり見たり食べたりを楽しみたいですネ。
[PR]
by taro-hitorigoto-2 | 2014-08-17 19:13 | 鉄道 | Comments(0)